見た目も味も楽しめます^^

最終更新日

こんにちは。

7月に入り各地では夏祭りなどイベントがあちこちで始まりますね。
昨日は志布志の花火大会も。

梅雨明けもいまのところ来週くらいかなと思うところで
本格的な夏はもうすぐそこでしょうか?

そんなわたしは最近、時間にゆとりができたので
お昼どこに行こうかなーーと楽しみができました。

さて、アルパカさんといえば夜の居酒屋ですが、
実はお昼もランチされています。

ここを通るたびに気になっていた「瓦そば」の写真。

瓦そばといえば熱した瓦の上に茶そばと具材をのせて、温かいめんつゆでいただく山口県の名物料理です。鹿児島県内でもなかなか食べれるところが少ないのですが、鹿屋のアルパカさんでいただけると聞いてて楽しみにしていました。

お昼からですが、ずらりと並んだ木札のメニューをみていると飲みたくなります。。。(最強パインサワーとか気になる)

メニューは瓦そば一人前、二人前、
そして地鶏ユッケ丼(並・小)があります。

瓦そばは一人前なんてつるりと行ってしまうので
男性は2人前とか、地鶏丼オーダーするのもいいかもしれません。

待ってる間は瓦そばのプロモーション(笑)が店内で流れていました。

あつあつのめんつゆが入ったポットです。

少し待つこと、どーーんとテーブルに置かれた瓦そば。

こちら二人分。

あつあつの瓦の上に、もみじおろし、レモン、ネギ、青のり、豚肉、錦糸卵、お蕎麦の順で焼かれています(火傷するくらい最初熱いので気をつけてくださいね)
こうやってみると、瓦って大きいのだなとよくわかります。

ジュージュー、パチパチと焼かれる音と香りに食欲が増します。

あつあつのタレでいただきます。

そばの上に乗っているもみじおろしとレモンはお好みというより、必ず入れて食べてみてくださいね。

はじめ混ぜながらつゆを付けて食べていきます。
甘めのタレなのですがわりとさっぱりとしています。

そして、しばらく置きながら麺をパリパリに焼いて食べても良いです。

ちなみに瓦の横の出っ張りに向けて、取っていくと具材が引っかかって落ちずに上手にいただけます。

で、何気にオーダーしていた地鶏ユッケ丼。

地鶏の柔らかさと黄身のとろとろさのが滑らかで、ごま油がきいていてするすると胃に入っていくのでした。
さすが地鶏専門のアルパカさんのお仕事。単品でも楽しめる一品ですね。

SHOP DATA
「アルパカ」
住所:鹿児島県鹿屋市共栄町17-20
電話:0994-45-6635
営業時間:月~金 11:30~14:00,17:30~24:00 土,日 17:30~24:00
Facebook

みどり

鹿屋在住の「みどり」と申します。 鹿屋に移住して12年、ふたりと一匹暮らしを楽しんでいます。

シェアする