日本酒会、a Sake Tasting at 716

Japanese Sake has always been among my favorite drinks, but I didn’t have access to a large variety when living in America.
お酒の中で、日本酒が一番好きだけど、アメリカに住んでいた時には,多くの銘柄を飲む機会はあまりありませんでした。

So I was delighted when I heard that one of my favorite spots in Kanoya, 716, was hosting a sake-tasting event!
だから、鹿屋でお気に入りの716というお店が日本酒会を開催すると聞いた時、とても嬉しく思いました。

I signed up immediately and looked forward to the chance to enjoy sake along with delicious food pairings.
すぐに申し込みました。そして美味しい食べ物と一緒にお酒を楽しむ機会を楽しみにしていました。

It was a very cold and windy day, so I was relieved by the warm atmosphere inside.
とても寒くて風の強い日だったので、店内の暖かい雰囲気にほっとしました。

After everyone was seated, we were served a very special aperitif: Next 5 Harvest from Akita, in a beautiful limited-edition bottle designed to represent individual grains of rice.
全員がそろったところで、ネクストファイブ ハーベスト(秋田)が食前酒としてふるまわれました。このお酒の瓶は2017年だけのためにデザインされたもので,お米の一粒一粒を表現しています。

It’s crisp, clean taste awakened the senses for the evening.
今晩の期待を呼び起こすスッキリとした味わいです。

After that, we toasted with Lowenbrau Beer.
その後,レーメンブロイで乾杯しました。

Then came the first course. An assortment of seasonal vegetables: fava beans with hijiki and walnut, deep-fried gobo and butterbur sprout blossom tempura.
さっそくコースがはじまりました。空豆ひじき胡桃和え、ふきのとうと菜の花の醍醐掛け、新牛蒡の香味揚げ。

It was beautiful and delicious!
美しくて美味しかった!

This was paired with a mellow Azuma-Ichi sake from Fukuoka.
これは、芳醇な福岡の「東一」とペアになっていました。

Next, a trio of sashimi: octopus, oysters, and kanpachi.
次は、お刺身3点盛合わせ:たこ、かき、カンパチ。

In place of sake, we were presented with two varieties of white wine.
お刺身は、日本酒の代わりに、二種類の白ワインでいただきました。


One was called “Aruga Branca Clareza” from Japan, and the other a Henry de Boursaulx Chablis from France.
一つは「アルガブランカ クラレーザ」という山梨は勝沼醸造からのもの。もう片方は、
フランスからのシャブリ「アンリ ド ブルソー」

I especially loved the oyster paired with the Chablis.
私は、かきとシャブリのペアが特に好きでした。

This was followed by a grilled eel from Shibushi. It melted in my mouth. And it was served in a really cool vessel!
これに続いては、志布志産うなぎの蒲焼でした。柔らかく美味しかった。そして入れ物がとてもかっこよかった!

The eel was served with warm Shochu, which is of course a specialty of Kagoshima. This one, in fact, is made in Kanoya!
うなぎは、燗にした大海黒麹 前割といただきました。もちろん、大海は鹿児島県鹿屋の特産品です。

The fourth course was my favorite: Kanoya-raised wagyu beef steak, served rare.
四つ目のコースは、私が一番好きだった:鹿屋産黒毛和牛ステーキ。それは完璧に調理されていました。

This was perfectly balanced with a refreshing and mellow white nigori sake.
そして「みいの寿」(美田山廃にごり) と一緒になると、最高のバランスでした。

It was so delicious, I had to ask for extra steak. I’m a Texan, after all!
とってもおいしかったので、おかわりのステーキをお願いしなければならなかったほどです。結局お肉大好きな私はテキサス出身なんですよね。

As we had all had quite a lot to drink up until then… rice served with daikon pickles, kombu, and miso soup was a welcome break.
皆,その時までにかなりたくさん飲みましたので、ご飯と味噌汁はうれしい休憩でした。

Finally, a dessert of homemade ice cream with a Pinot Noir and pineapple sauce.
It was simple, but delicious! A perfect note to end on.
最後は、アイスクリームに,ピノ・ノアールとパイナップルのソースがかかったデザートがきました。 シンプルだけどとても美味しかった! 素晴らしいラストでした。

I was very happy to have had the opportunity to try so many kinds of sake and wines from Japan, while enjoying the company and conversation of old friends and new acquaintances.
友達とも、新たに出会った人とも会話を楽しんで、日本酒もワインもたくさんの種類を試してみることができて、とても嬉しかった。

Not to mention, the amazing food cooked by the skilled chef and owner of 716. It was a great feast!
それともちろん、美しい716のオーナーさんが作った素晴らしい料理。すごいごちそうでした!

Thank you for the meal.
ごちそうさま。

 

I’ll definitely be back to study more about Japanese sake!
もっと日本酒を勉強するために、絶対にまた行きたいです!


SHOP DATA

716
鹿屋市本町8-5
℡ 0994-41-0306
営業時間 19:00~24:00
定休日 日曜日

homepage
facebook
instagram 

ニコル

シェアする